開運吉相印,個人印鑑,会社印鑑,実印,認印,銀行印,ゴム印など各種印鑑を取り扱う印鑑専門店

「実印」とは、どのような印鑑ですか?
 個人の印章を象徴する「実印」は、あなたの居住する市町村役場に印鑑登録した印章のことで、一人一個と限られています。不動産取引、車両の売買、その他各種ローン、遺産相続など人生の節目となる時に用いるきわめて重要な「自己の証」です。それだけに、信頼のある印章店で、優れた印材による手づくりの逸品をお作りになることを、お勧めします。

どんな印鑑でも「実印」にできるのでしょうか?
 法律から見ると「正しい実印」として、どんな印章でも「実印」として印鑑登録できるわけではありません。まず、同形印のある既製品や変形しやすいものは不向きです。大きさは印影が直径8mm以上25mm以内の正方形に納まるものと決められています。
 また、当然のことですが、氏名は本名に限られています。このように厳しく条件が規定されているのも、「実印」が法的に重要なものだからです。
 ※印鑑登録の条件は自治体によって異なる場合があります。
では、「銀行印」とはどのような印鑑ですか?
 銀行・証券会社・郵便局などで大切なお金の出し入れ専用に使う印章のこと。実印に比べて大きさの基準はありませんが、それぞれの金融機関にあらかじめ登録しておく大切な印章にかわりはありません。個人の銀行印の場合は、実印より幾分小さめにして、印材や書体に変化をつけましょう。
 会社(法人)銀行印の場合は、代表者印とサイズは同一にして印文を変えるケースが多いようです。
 
どのような印鑑を「銀行印」にすればいいですか?
 実印に比べて明確な基準や条件はありません。実印ほど重くなく、認印ほど軽くない中間の印章と位置づけられています。個人の銀行印は12mmから15mm、会社銀行印は代表者印と同サイズで15mmから18mmが適当です。
 銀行用・郵便局用とそれぞれ個別に専用印を持つ人もございます。また、大切なお金に関わる印章ですから印材の材質にも注意して牽牛で磨耗の少ない象牙・黒水牛をお勧めしています。
蔵書印・落款(らっかん)印とは、どのような印鑑ですか?
 こだわるほど、愛着が深まる、趣味の印です。繰り返し手にして、それぞれの世界に想いを馳せる、愛着の書籍に。「蔵書印」は本に対する深き愛情の印ともいえるものです。
 また、書画の仕上がりを締め括る「落款印」は、まさに作品の一部を成す美の印。いずれも、生涯を通じて用いるものだけに、際立つ心技を受け継ぎ磨く印章の専門店で、こだわりの名品を手にしたいものです。

「吉相印」とは、どのような印鑑ですか?
 印鑑をその人自身とすれば、もう一つの「顔」・「証」として世界で唯一の「自分の印」が必要であると考えられます。
 吉相印とは、唯一の「自分の印」を八方位(八つの方角)に照らし合わせ、その象位(その原因によって起こる現象)を考慮し、四柱推名や姓名判断によるその人の運命プラス、その人に不可欠の象位を考慮した吉に富む印相の印鑑です。今まで運命的に補え得なかった徳をプラスして自己の生命力や隠れた才能を更に発揮できるようにしたものです。これからの人生の躍進のためにあなたも是非ご利用くださいませ。
 
   松華洞印房のオリジナル吉相印を是非どうぞ・・・

Privacy & Copyright (c) SHOUKADO INBOU. All Rights Reserved.