マリンスポーツ 国際通り

ジェットスキーに乗る長男 1999年7月28日 朝から曇りですが とりあえずホテルのマリンスポーツの受け付け開始時間を待って(人数が限られているので早めに予約が必要)午前中に ジェットスキーとバナナボートを予約することができました。恐いもの知らずの5歳の長男はお兄ちゃんに ジェットスキーの前に乗せてもらいワクワク。 わりと沖の方の小さな島の近くまで行って 黄色い熱帯魚を見せてもらって もう大喜び。けっこう波があったようなのにぜんぜん怖くかったそう。 それに反して怖がりの姉9歳は ジェットスキーはぜったい乗らないと泣き叫び仕方がないので父親がバナナボートにいっしょに乗せた所 やっぱり怖いからイヤと泣き出すしまつ。 でも乗ってみたら楽しいからと諦めない父親は 無理やり乗せたまま出発してもらい バナナボートは 長女の泣き叫ぶ声とともに遠ざかって行ったのでした。 さぞや泣き疲れて帰ってくるのではと思いきや 親の心配をよそに 戻ってくる頃には お魚も見れたし楽しかった とケッロトした様子。 ほんと子供って・・・・。最初はいやがっても 何でもやらせてみるべきなのでしょうか・・・・?
 午後からは 楽しかったリゾートホテル生活にお別れして 58号線を風景を楽しみながらゆっくり走って 那覇へ向かいました。
昼食には 波の上市民ビーチ(那覇市内唯一のビーチ)に程近い バッカスの胃袋で 手づくりのピッツァ 紅いもの天ぷら チャンプルーオムレツなどに大満足。 その後 首里城公園を見学して 沖縄オーシャンビューホテルに到着。BeatTown B.B.WAVESのメンバーと
夕食がてら 国際通りへ歩いて行きました。 まずは SPEED 好きの長女の為にアクターズスクールオフィシャルショップ.BEAT TOWNでライブを見ることに成功!! 長男は目の前で踊るお姉さんたちの迫力に目を白黒。同じく長女も 初めての経験に放心状態。 握手をしてもらい オリジナルグッズも買って 長女にとってはこの夏一番の思い出になったようです。
やさしかったB.B.WAVESのメンバーの人に感謝!! 興奮おさまらぬまま今度は 父親がほしがっていた海人(うみんち)のグッズのお店へ。特にTシャツがいいらしく(店員さんも感じがイイ)お土産にも買っていました。 また どこに行っても沖縄限定のお菓子が目につてしまいパイナップルハイチュウに黒糖ハイソフト パイナップルクリームのポポロンなどなど おもしろがっていろいろ買い込んでしまいました。 
 それから沖縄最後の夜は居酒屋で ゴーヤー(くせになる苦さ) ミミガー刺身グルクンなど沖縄料理に挑戦し 泡盛で盛り上がったのでした。






     首 里 城  ・・・・・  1429年から450年間、首里城正殿「首里城」が琉球王朝の居城となりました。 戦前までに3回火災で焼失していて 現在の城は1715年建設された後沖縄戦で破壊された4回目の居城を復元しています。首里城正殿は161本の柱と約6万枚の赤瓦に 外観 内部とも朱の漆塗りで統一され 荘厳かつ優美。守礼門